2017年6月14日水曜日

アルパインのボックスアートを担当させて頂きました Part11

アルパイン(Alpine-Miniatures)の新作1/35レジンフィギュア、「35234 WSS Panzer Officers at Kursk Set」のボックスアートを担当させて頂きました!

造型はBoris Knokhov氏。
フィギュアは1943年クルスクの戦いからヒントを得たものとなります。
どちらも戦車兵の士官(中尉と少尉 )で、ヘッドの造型もベテランらしくやや年期の入ったものとなっています。
ツナギ(カバーオール)はWSS仕様で、迷彩はオークリーフの他、プレーンツリー、ブレッドエッジ等のWSSのものが使われました。
デザインの仕様は若干の差異があるらしく、例えばこのフィギュアでは左腿のポケットの有無などが挙げられます。

アルパインHP http://www.alpineminiatures.com/

2017年4月5日水曜日

アルパインのボックスアートを担当させて頂きました Part10

アルパイン(Alpine-Miniatures)の新作1/35レジンフィギュア、「35231 KG Hansen at Poteau Set #2」のボックスアートを担当させて頂きました!

造型はTaesung Harmms氏。アルパインのオーナーであり、自ら多くのフィギュアを手掛けていらっしゃいます。

フィギュアは1944年アルデンヌの戦いにおける、ポトー迎撃戦の戦場フィルムからヒントを得て作られたものとなります。
当時のWSSとして一般的な装備をしていますが、右側の兵士はアメリカ兵から鹵獲したトレンチコートを着用しており、フィギュアとしてはありそうでなかった姿を再現しています。
また、写真ではわかりませんが、左側の兵士が着用しているミトンは着用したまま射撃が可能なよう,人差し指のフィンガーポケットが手のひら側に設けられたWSSタイプのものとなっています。
よく似たデザインである陸軍の迷彩ミトンは1943年から配備されましたが、このタイプは人差し指のフィンガーポケットが設けられていませんでした。(後に改善された?リサーチが甘く後期のものが見つかりませんでした)




アルパインHP http://www.alpineminiatures.com/
35231 KG Hansen at Poteau Set #2 http://www.alpineminiatures.com/imagepages/35231.html

2017年2月5日日曜日

アルパインのボックスアートを担当させて頂きました Part9

アルパイン(Alpine-Miniatures)の新作1/35レジンフィギュア、「35228 German Panzer Crew Set」のボックスアートを担当させて頂きました!

造型はSergey Traviansky氏。レボリューションのフィギュア等を担当されている方です。

フィギュアはWW2初期(1939~1940)ごろのドイツ戦車兵となります。ベレーまたは略帽M38姿の戦車兵フィギュアはあまり数が多くありませんので、貴重なアイテムになることと思われます!



アルパインHP http://www.alpineminiatures.com/
35228 German Panzer Crew Set http://www.alpineminiatures.com/imagepages/35228.html

2016年12月29日木曜日

US 3rd Armored Division Set(Alpine Miniatures,1/35,30219)

アルパインの1/35レジンフィギュアを製作しました。

造型はTaesung Harmms氏。

フィギュアは、特にStaff Sergeantの方がこれまた某映画の主人公を意識したような構図になっていますが、ホルスター(拳銃)やブーツは意図的に別な物にされています。

塗料はいつものタミヤエナメルです。


2016年12月28日水曜日

U.S.Tank Commander(Bravo6,1/35,B6-35108 and 35111)

ブラボー6の1/35レジンフィギュアを製作しました。

製品名は単にアメリカ戦車兵・車長ということになっていますが、モデルは明らかに某映画の主人公です(笑
旬を逃した感はありますが、ぜひ作ってみたかったキットの一つでした。
塗ってみて気づいたのですが、どうやらヘッドは使い回しなのですが、立ち姿のほうはややエラが削られているようです。個人的には座り姿のほうが似ているように感じられました。
また、今回は特に改造をしておりません。過去に一度、同じキットを似せようと思ってヘッドに手を加えたのですが、思うように行かずお蔵入りになった経歴があるからです。
元の造型と塗装でそれっぽい雰囲気が出せていればなと思います!

塗料はいつものタミヤエナメルです。


2016年12月2日金曜日

Saneyuki Akiyama (Hasegawa,1/32)

個人様からのご依頼で製作したフィギュアです。

フィギュアは、ハセガワの「日本海軍 戦艦 三笠“日本海海戦1905” w/東郷平八郎&秋山真之フィギュア」に付属するホワイトメタル製です。
造型は竹一郎氏。私は氏のフィギュアが好きで個人的にキットを収集しているのですが、製品化は多くなく、また、多くがこのように「おまけ」形式となっているため、勿体ぶって製作する機会が殆どありませんでした。
今回はご依頼という形で、貴重な竹一郎氏造型のフィギュアを楽しみながら製作することができました。服装の関係もあって、シワの造型自体は割とシンプルではあるのですが、かと言って単調さを感じさせない「無駄の無さ」は見事です!

2016年11月29日火曜日

「Figure Modelling 18」へ寄稿させて頂きました!

ギリシャのフィギュア専門誌、「Mr Black Publications」より、新刊「Figure Modelling 18」の案内がありました!
今回は2点のフィギュアで記事を担当させて頂きました。
それぞれ、1/10バストと1/35フィギュアの、ペインティングのステップ・バイ・ステップとなっています。
特に1/35フィギュアでは、これまでのタミヤエナメルに加え、油絵の具を取り入れた新しいスタイルとなっています。

「Mr Black Publications」のHPより、サンプルの閲覧および通販による購入も可能となっています。
 http://www.mrblackpublications.com/FIGURE_MODELLING_18/p1000980_16630609.aspx