2018年8月22日水曜日

「Rado miniatures」のボックスアートを担当させて頂きました Part2

Rado miniaturesの新作1/35スケールレジンフィギュア、「RDM35018 Warsaw Uprising, Polish Home Army, Assault Group, 1944」のボックスアートを担当させて頂きました。

造形はRadek Pituch氏。「Rado」のオーナーでもあります。
フィギュアは一見するとドイツ兵のようですが、彼らは1944年のワルシャワ蜂起におけるポーランド国内軍(国民軍:Polish home army)の兵士です。この武装蜂起ではドイツ軍から鹵獲した装備が多数使用されたのが確認でき、特にWSS(武装親衛隊)の迷彩スモックや戦車兵/突撃砲兵向けのパンツァージャケット(フィールドグレー)が多数着用されています。迷彩は秋/冬用が使われたようです。ただし、鹵獲品の軍服は着用していない例も多数あり、このフィギュアの兵士たちもズボンは民間の物を着用しています。また、味方識別のため、国旗色の帯やワッペンを着用するのが一般的でした。

なおハーグ陸戦条約では鹵獲した軍服を着用するとこ自体は明確には禁止されておらず、「遠方から識別可能な固有の徽章を着用していること」とされています。実際、国民軍でも徽章、階級章は取り外されてポーランドのものが取り付けられました。
(軍人が民間の物を着用するのは「便衣兵」とされ違法となります)


 http://radominiatures.com/shop/rdm35018-warsaw-uprising-polish-home-army-assault-group-1944/

2018年8月19日日曜日

アルパインのボックスアートを担当させて頂きました Part14&15

アルパイン(Alpine-Miniatures)の新作1/35スケールおよび1/16スケールのレジンフィギュア、「35255 WSS Officers 44-45 Set」と「16039 WSS Grenadier NCO」のボックスアートを担当させていただきました!

「35255 WSS Officers 44-45 Set」の原型はTaesung Harmms氏。
二人とも士官で、空軍パイロット用のレザージャケットを着用している兵士は戦車兵です。
発見できた限りでは第5SS装甲師団で実際にこのような着用例が複数確認できます。
もう一方の兵士はM44チュニック(1944年型)とイタリアのM29迷彩仕様のズボンを着用。
また、歩兵突撃章、白兵戦章といった徽章を佩用していることから、兵科は擲弾兵(歩兵)とするのが一般的かと思われます。

 「16039 WSS Grenadier NCO」の原型はMike Good氏。
 迷彩スモックを着用したWSSの兵士で、襟章が曹長(下士官)であることを示しています。迷彩スモックは初期型で(M38/M40…首元を見るとM40であると判別できます)、バルバロッサ作戦前後をイメージさせる姿ではないでしょうか。


http://www.alpineminiatures.com/

2018年8月2日木曜日

WW2 WSS Tiger tank crew (Alpine miniatures,1/35,35224)

Alpine miniatures
35224 WSS Tiger Crew 44/45
Sculpture by Taesung Harmms
Painted with Tamiya enamel


アルパインミニチュアの1/35レジンフィギュアを製作したものです。
こちらは個人的な製作のもので、既に売却済みとなります。

一般的なパンツァーユニフォームを着用したWSSの戦車兵です。
略帽はM40(1940年)型。階級は軍曹。
キットでは迷彩服の仕様だったため、黒服とするために襟章、鷲章、ズボンのポケット を追加。
ティーガーⅠ(タイガー戦車)の装填手/砲手用ハッチに収まるよう、干渉・見えなくなる左足をカット。微調整を加えハッチにうまく収まるようにしました。
タミヤのティーガーⅠのほか、ドラゴンのティーガーⅡ(キングタイガー)のハッチでも対応するようにしました。


2018年7月22日日曜日

WW2 WSS Tiger Commander (Alpine miniatures,1/35,35223)

Alpine miniatures
35223 WSS Tiger Commander
Sculpture by Taesung Harmms
Painted with Tamiya enamel


アルパインミニチュアの1/35フィギュアを製作したものです。
こちらは個人的な製作となります。


一般的なパンツァーユニフォームを着用したWSSの戦車兵です。略帽はM40(1940年)型。階級は上級軍曹。戦車への搭載は、ティーガーⅠ後期型のキューポラが最も適していまが、初期型、ティーガーⅡ、パンターG等のキューポラにも対応しています。

2018年7月18日水曜日

WW2 German WSS Panzer Crew (Alpine miniatures,1/35,35131)

Alpine miniatures
35131 German Panther Commander #2
Sculpture by Taesung Harmms
Painted with Tamiya enamel


アルパインミニチュアの1/35フィギュアを製作したものです。
こちらは個人的な製作で、既に売却済みとなります。

 1943年末から登場した、白/迷彩のリバーシブル仕様の防寒具を着用した戦車兵です。

防寒具のデザイン自体は同じものが国防軍とWSSとで使われましたが、迷彩は各軍のものが使われています。
この防寒具の迷彩は、WSSの場合はオークリーフパターンが殆どでした。(国防軍ではスプリンターパターン)。1944年以降はドット迷彩の登場に伴いこの防寒具にも取り入れられましたが、製造数はかなり少なかったようです。
階級は兵または下士官としました。(略帽にモールがなく、階級章を付けていないため)

製作にあたり、戦車に搭載した際に干渉・見えなくなる部分を省略したタイプです。
戦車への搭載はパンターGが最も適し、操縦手・無線手用のハッチにも対応しています。ティーガーⅠ、ティーガⅡ等にも搭載可能です。

2018年7月15日日曜日

WW2 German WSS Panzer Commander (Alpine miniatures,1/35,35130)

Alpine miniatures35130 German Panther Commander #1
Sculpture by Taesung Harmms
Painted with Tamiya enamel


アルパインミニチュアの1/35フィギュアを製作したものです。
こちらは個人的な製作となります。

1943年末から登場した、白/迷彩のリバーシブル仕様の防寒具を着用した戦車兵です。
防寒具のデザイン自体は同じものが国防軍とWSSとで使われましたが、迷彩は各軍のものが使われています。
この防寒具の迷彩は、WSSの場合はオークリーフパターンが殆どでした。(国防軍ではスプリンターパターン)。1944年以降はドット迷彩の登場に伴いこの防寒具にも取り入れられましたが、製造数はかなり少なかったようです。
階級は士官(少尉~大尉)とし、M40略帽には士官を示すパイピングが施してあります。士官を示すパイピングの場合、兵科色(戦車兵:ピンク、砲兵・突撃砲兵:赤)ではなく、兵科問わず白が用いられました。
戦車への搭載は、パンターGが最も適しますが、ティーガーⅠ、ティーガーⅡにも対応しています。

2018年5月25日金曜日

「Rado miniatures」のボックスアートを担当させて頂きました Part1

Rado miniaturesの新作1/35スケールレジンフィギュア、「RDM35015 ACHTUNG JABO! W-SS Panther crew, 1944」のボックスアートを担当させて頂きました。

造形はRadek Pituch氏。「Rado」のオーナーでもあります。
フィギュアはパンターGの対空機銃にフィットするポーズとなっています。
また、服装は1944年ノルマンディー戦線以降に見られる、迷彩カバーオール、迷彩ズボンを着用した姿となります。
ちなみに、MP40を持った兵士のジャケットは黒でペイントしましたが、迷彩仕様のジャケットにも肩章と襟章を着用した実例が写真で確認でき、ドットパターン、オークリーフパターンの迷彩でペイントすることも可能です。

キットは複製の状態がよく、レジンの質も良好で加工し易い硬度でした。また、パーツの合いも良かったのですが、機銃を構えたポーズはどうしても調節が必要なため、干渉する部分を削り落とす当の加工は必要になるかと思われます。
もっとも、この手のフィギュアを作るモデラーにとっては特に難しい工作ではなく、ストレスフリーで組み立てることができました。
公式: http://radominiatures.com/