2014年10月12日日曜日

US 1st Inf Div "The Big Red One"(Alpine-Miniatures,1/16,Code:16026)#1(完成)

 こちら のフィギュアを製作しました。
 普段のミリタリーフィギュアでは見られないような衣服の造型表現が中々新鮮なフィギュアでした。このフィギュアは衣服のシワが体の動作によって生じているのが殆どで、クセとなって定着した、くたびれた感じのシワを意図的に廃した造型であると感じました。
 このような造型は塗装での誤魔化しが難しく、細やかな筆さばきよりもグラデーションをどれだけ上手く施せるかを試される造型であると考えます。私が普段から使っているタミヤエナメルはグラデーション処理を得意としますが、私自身がグラデーション処理を得意としておらず(だからタミヤエナメルに頼っている)、ズボン等では少し間延びした印象に仕上がってしまったかなと感じております。このフィギュアに限らず、単調さの解消が私にとっての今後の課題であると考えております。
 アルパインの1/16の銃にはスリングが付属しますが、今回はフィギュアの構造上、保存性を考えた場合の装着が難しいと判断したために省略しました。 スリングを装着する場合は、改造か干渉部分のカットが必要となります。











0 件のコメント:

コメントを投稿