2014年9月11日木曜日

1/16 WW2 ドイツ軍 武装SS擲弾兵 ヴィーキング師団 (アルパイン)#4

前回 の続きです。
パーカーの迷彩が完了したので、次はアノラックズボンを塗っていきます。今回は「ピーパターン」迷彩がオーダーです。
迷彩を塗る時は先ず下地の色で「下塗り三回」を完了させてしまいます。写真は下塗り一回目の状態。塗料はいつものタミヤエナメルで、「XF-52フラットアース」をメインに「XF-59デザートイエロー」を加えました。


















「下塗り三回」を完了。先の写真と比べますと、塗料本来の発色が得られているのがわかります。






































下塗りが完了したら迷彩のパターンを描き込んでいきます。
ここで新しく加わった二色のレシピはそれぞれ「XF-27ブラックグリーン+XF17シーブルー」 、「XF-59デザートイエロー+XF-15フラットフレッシュ」です。



































先ほどの二色でドットを加えていきます。1/35と違って1/16ではオーバーサイズなくらいのほうが効果なので描き込みが非常に楽で助かります。





































最後に、下塗りのブラウンと「XF-5フラットグリーン+XF-2フラットホワイト+X-28パークグリーン」の二色でドットを描き加えていきます。





































迷彩が完了したら縫い目、ハイライト・シェイドを強調して完了です。
残りは細部とウェザリングを施して完成となります。そこにつきましては先のイタリアン空挺兵 と同様のことをやっておりますので今回は省略させて頂きます。段落ごとに写真を撮るのは案外流れを遮ってしまうもので、また今回は調子が良かったのでぱぱっと仕上げてしまいました。完成させるには勢いも必要?

完成写真は別の項として一旦区切らせて頂きます。それでは、また。

0 件のコメント:

コメントを投稿